医学部受験マップ

新着情報

◎2017/7/25

入学時にかかる学費
の情報を更新しました。

◎2017/5/15

医学部は30代はやっぱり不利?
の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部思考が強くなっているのはなぜか
の情報を更新しました。

「医学部 カリキュラム」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@esumii他1人 私もほぼ同意見ですが、付け加えると、「最低点の受験生」の例は極端過ぎて不適切ですね。最低点の受験生が付いて来れるほど医学部カリキュラムは甘くないです。点数操作で合格した学生については、大学側が入学させて問題ないレベルであると判断していることが大きな違いです。

医学部って最終的に国家試験をすべての言い訳にしてるから、授業をよくするという点でも、カリキュラムを変えるという点でも、最終的には国家試験があるからどうにかなるし、それに向けた勉強をする必要があるからムダは出せない、ってなる。

体力が医者やるための重要なファクターだったら医大医学部カリキュラムに体力作りのトレーニングが組み込まれてないとおかしいだろ。

20年くらい前になるか、歯の治療を受けていた時のこと。その先生から伺った話によると、ヨーロッパの方では歯学部は芸術系学部に分類されていて医学部カリキュラムが完了してから歯学の勉強なのだそう。その話の裏付け取りたくて調べてるんだけども、見つけられないんだよね。。。

医学部カリキュラムに体育(必修、全てトレーニング、単位は体力テストの結果で評価)を入れれば万事解決じゃね? 概要「医療の現場において最低限必要な体力づくり」とでもしてさ。

Twitterぐらすほてぷ@大事故@Grasshotep_mkv

返信 リツイート 12/11(火) 12:48

シンガポールなんかはとってもシビアで、シンガポール政府に認められている日本の医学部なんて10校に満たなかったはず(10年前当社調べ)。カリキュラムとか教育レベル、色々あるんでしょうけど詳細は知りません。地方国立や謎私立は軒並み全滅。東京女子医大は認可されていたはず。

年末にテスト持ってこられてるせいで、いろんな楽しいイベント参加出来ないの辛すぎる!!! そのくせ、再試期間1月の半ばやし… 実習とテスト入れ替えるなり、もっといいカリキュラムの組み方して欲しい(`m´#) #大学生活 #カリキュラム #医学部

そういう実態があるのは事実なんでしょう残念ながら。でも全部が全部そうじゃないんだよだから絶対諦めたらだめ、医師を目指して頑張ってきた女性や再受験の方は諦めることないんだよ。医師免許取るだけならどこの医学部でもカリキュラムあるから、大学の名前に拘らなければ絶対その夢かなうよ。

教員選抜における考慮項目の中に「[その地域に固有の重大な問題]には、医学部カリキュラムに関連した性別、民族 性、宗教、言語、およびその他の問題が含まれる。」ってあるんですけど、まさに性別は日本という地域に固有の重大な問題だとしか言いようがないですな………。

返信先:@cicada3301_kig あーなるほど...医学部カリキュラムに数学ってやはり少ないんですかね?

Twitterゐてるま a.k.a (何かの)会長@akimanfx24_2

返信 リツイート 12/10(月) 9:29

医学部の入学金について

医学部の入学金について 医学部の入学金とは、いったいどのくらいなのでしょうか。
これは、世間的には、国立大学や東北などにある県立大学などの場合には、同じような安さで、入学金を支払うことが可能である、といわれています。
入学金については、このような国立大学または県立大学などの、国や県が運営している場合には、おおよそ30万円から40万円ほどが、金額として必要なお金、となります。
一方で、私立大学の場合には、医学部に入学するためには、莫大なお金がかかることで有名です。
入学金として、1000万円はかかるといわれており、そのため、資産家の息子さんや娘さん、または土地などを多く所有している人、または同じように医師の親御さんを持つ人、その土地の有名人など、お金に余裕があり、多くの財産を持っている人しか、入学ができない、このように言われています。
ただ、エリートの私立大学の場合には、金額はもうすこし安く、1000万円まではかからないなど、差がいくつかあります。<

カリキュラムがたくさんある医学部に進む

進むところが医学部と指定するならばカリキュラムの膨大さを認識し、万遍なく勉強しなくてはならないことを肝に銘じます。
医学部で取り扱う勉強の内容は、体の内部構造をはじめとしていろいろあり、カリキュラムに凝縮されている特徴があります。
学びたいカリキュラムだけを履修すれば事足りるわけではありませんから、医学部に入ったのなら内容をより好みすることなく誠実に取り組むべきです。
医学部の実情を知った学生は、ときとしてカリキュラムが少ない場所を目指すことが多々あります。
しかしながら、極端な数量の設定がなされているところは皆無と言っても過言ではありませんから覚悟を決めたほうが精神衛生上良いです。
人の病気を何とかする知識を技術を十分に得るために新進学することですから、個人的な嗜好を基準に判断することはいただけないというわけです。
もともとの意欲が高かった分野を変更する契機にもなるために、万遍なく学習するのは効果的です。