医学部受験マップ

新着情報

◎2017/7/25

入学時にかかる学費
の情報を更新しました。

◎2017/5/15

医学部は30代はやっぱり不利?
の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部思考が強くなっているのはなぜか
の情報を更新しました。

「医学部 合格」
に関連するツイート
Twitter

医学部受験を考えたことある人なら分かるはずなんだけど、過去の合格者の合格得点や男女比見たら明らかに裏口も男尊女卑もやってるってデータで分かってるはずなのに、何を今更騒いでるんだろうって印象やな。不正合格を肯定する訳じゃないが、受験システムを理解してないのは情報不足やで。

Twitterねこまたぎ@27or28池ハロ?@nekomaloid

返信 リツイート 1分前

RT @freie_Herz: 絶望しかない ~過去6年の医学部入試で男子の合格率が女子よりも高い大学が6~7割で推移。文科省は、女子の合格率が低い約30大学を訪問調査し、複数の大学で性別や年齢による差別や、特定の受験生を優先的に合格させていることを裏付ける客観的な資料を確認…

RT @ryo_ooo_o: 実録・私大医学部入試で横行する「多浪生差別」その驚くべき内実 gendai.ismedia.jp/articles/-/574… #現代ビジネス >22歳以上の合格者は、慶應、順天、昭和が0%と、東医、慈恵、日大、東邦は1%

RT @aceacademy9: 医学部 多浪生が合格しづらいランキング 過去3年間の3浪以上の合格率/全体合格率を計算 慶應 0.10 東大 0.11 京大 0.17 慈恵 0.20 昭和 0.20 名古屋 0.22 医科歯科 0.27 順天堂 0.28 神戸 0.31 浜…

今昭和大学の医学部で現役と一浪の男子だけに加点していたと陳謝きていたが、そんなに奴が医者になって命を落とした患者にどう責任をとるのかはっきりと説明して欲しい! そして本当は合格なのに不合格になった女子にはどう責任をとるのか? まだまだ出てくるけど誰がどう責任をとるのか?

現役で合格した医者と、多浪した医者を選べと言われたら、やっぱり現役合格の医者の方がスペック高いのかなぁと、選んじゃうと思うのは素人考えかな。 問われてることがわかる人とわからない人ってことでしょ? 医学部入試なんてレベルが高くてわからない話ですが。 診てもらうならやっぱりね〜〜。

医学部入試を年齢で差別しちゃだめという話、合格者100人いて2、3人が40歳以上とかならまあ大丈夫かなって感じだけど、50人が40歳以上です、とかなってくると日本の医療崩壊しそうな感じがするので、それは極端な例だけど、年齢はどこかで線引きは必要な気はする(適当)

医学部については本人の適性や資質などもありますし、育成する大学側の医師についての考えもそれぞれなのは理解できます。 結果として合格させるにあたり何らかの条件を付ける(=差別をする)のは職業の特性上やむを得ないと考えたのだと思いますが、周知した上で入試を行わないとさすがにまずいですよね。 少なくとも受験生が条件を納得した上で受験できるようにするべきです。今回の件で医学部入試の良い意味での...

あーあ・・・ ホント腐ってるなぁ。不利益を被るのは患者なんですよ、この問題。 過去に遡って 医学部合格 および 医師免許 の取り消しを行うべきと思います 昭和大医学部、入試で加点認める 現役と1浪生に | 2018/10/15 - 共同通信 this.kiji.is/42448668474751…

Twitterジャック・ザ・多摩セン@jack_tamacenter

返信 リツイート 30分前

自分が3浪で医学部合格した時。予備校の先生に言われたのは『2浪3浪して合格した人は、その後の成績が悪い人が多い(留年したり、国家試験に落ちたり)。他人より余計に勉強してやっと合格できたんだから、これからもずっと頑張んなさいよ』って事。そうだよなぁって、コレは心に留めている。

TwitterDr.りとはふ(たまむすび専門医)@ritohahu

返信 リツイート 37分前

医学部の受験についての話

医学部の受験についての話 医学部の受験の話は、いかに難関かという話ばかりです。医学部には国立大学と私立大学がありますが、いずれにしても本当に難関だという話ばかりが聞こえてきます。
国立大学にはまずはセンター試験を受ける必要がありますが、医学部合格にはセンター試験で9割の得点が必要といわれています。
もしそこで8割にも満たなかった場合は、国立大学からの西試験の受験票がこないという、いわゆる足切にあうことが多いです。
そこでなんとか受験票がきても二次試験がかなり難しいので、そこでも80%以上の正答率をださないと、合格には至りません。
では私立大学のほうが簡単かというとそれはちがいます。私立大学の科目こそ少ないですが、問題が難解なものが多いので、しっかりとした対策をたてないと難しいです。
さらには私立医学部の場合は、学費が6年間で数千万になることもざらです。ですから学力があるということは勿論ですが、経済力がないと入学できません。
これが難解だといわれる由縁の話です。

医学部の受験に合格しましょう

医学部を合格するために何より重要なのは明確な志望理由だといえます。この志望理由がないと勉強の計画が立てられませんしモチベーションも上がりません。
目標を見据えて建てた強固な意志が小論文や面接にも生かすことができます。そして徹底した志望校対策を行います。
過去問などの入試問題を徹底的に分析しその対応力の向上を図ります。この時に限られた傾向だけに目を奪われずに柔軟に問題を読み解く実力をつけることが重要となります。
苦手科目をなくし一般的に苦手が多いといわれている数学や英語の弱点を克服しましょう。
特に英語は大きな失点につながってしまい他の科目での挽回が難しくなります。医学部受験は長丁場なのでメリハリのついた受験生活を送ることを心がけましょう。
模試などを積極的に利用し、健康管理に気を付けて受験時はベストな体調で挑むようにしましょう。
また、合格のためには家族の理解や協力も不可欠ですので家族の応援も味方にし大きな力をつけて医学部の受験に合格していきましょう。