医学部受験マップ

新着情報

◎2017/7/25

入学時にかかる学費
の情報を更新しました。

◎2017/5/15

医学部は30代はやっぱり不利?
の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部思考が強くなっているのはなぜか
の情報を更新しました。

「医学部 合格」
に関連するツイート
Twitter

日大、医学部入試不正で会見(全文1)医学部卒業生の子女を追加合格で優遇(THE PAGE) dineromagico.com/2018/12/13/%e6… pic.twitter.com/PEDoM4LSaw

女性差別だけではない医学部入試 50歳過ぎた受験生は合格者平均を超えても落とされた 復員して医学部に入った元艦長が講義を受けた際、元部下が「ただ今教授は、このように仰られました」と補助した話がなかったっけ? buzzfeed.com/jp/naokoiwanag…

僕は渋幕は新設クソFラン高校だと思ってるんだけど東大合格者ランキングも上位に食い込んでるし医学部とかも合格者たくさん出してて意味わかんない

まず僕のレベルとして、現役で秋田大学医学部合格、4年でぱるるソロイベント最前、5年で矢吹奈子個別セーラームーンコス参戦です

Twitterにわかまゆゆヲタ名言bot@niwakamayuyu

返信 リツイート 20分前

日大医学部がOBの親族を優先して合格させたのはいわゆる「歩留まり」、確実に入学する合格者を望んだからでしょう。 他大学に逃げてしまう数を見込んで合格者を出すのは難しく、特に追加合格となれば調整が難しい。 とは言えそれは自己都合。入試の公正性を妨げては公私混同ですね。 #cozy1242

#cozy1242 #radiko #jolf 日大医学部OB子女優遇合格を謝罪も「裏口」は否定 nikkansports.com/general/nikkan…

不適切入試、日大医学部ゆかりの受験生優遇 17、18年不合格10人を追加合格 - SANSPO.COM sanspo.com/geino/news/201… @sanspocomさんから

13年前に群馬医大をうけ、不合格。裁判も敗訴。就職先の病院の都合が優先されて、公正な点数評価で選ばれない。現場の病院の労働事情が強すぎるのを問題にしないと。 / “女性差別だけではない医学部入試 50歳過ぎた受験生は合格者平均を…” htn.to/aKdhhw

下RT 東ロボくんは東大じゃなく医学部を目指すべき 「24時間365日フル稼働可能です(メンテナンスは必要)」 これで医学部面接も突破可能なので男子も女子も蹴散らして合格していただきたい

12/12 23:56 フジ FNNプライムニュース α OBの子どもを優先・日大医学部でも不適切入試 日本大学によると少なくとも3年前から医学部入試の追加合格者を決める際、大学OBの子どもを優先的に合.. jcc.jp/news/14206390/ 685

医学部の受験についての話

医学部の受験についての話 医学部の受験の話は、いかに難関かという話ばかりです。医学部には国立大学と私立大学がありますが、いずれにしても本当に難関だという話ばかりが聞こえてきます。
国立大学にはまずはセンター試験を受ける必要がありますが、医学部合格にはセンター試験で9割の得点が必要といわれています。
もしそこで8割にも満たなかった場合は、国立大学からの西試験の受験票がこないという、いわゆる足切にあうことが多いです。
そこでなんとか受験票がきても二次試験がかなり難しいので、そこでも80%以上の正答率をださないと、合格には至りません。
では私立大学のほうが簡単かというとそれはちがいます。私立大学の科目こそ少ないですが、問題が難解なものが多いので、しっかりとした対策をたてないと難しいです。
さらには私立医学部の場合は、学費が6年間で数千万になることもざらです。ですから学力があるということは勿論ですが、経済力がないと入学できません。
これが難解だといわれる由縁の話です。

医学部の受験に合格しましょう

医学部を合格するために何より重要なのは明確な志望理由だといえます。この志望理由がないと勉強の計画が立てられませんしモチベーションも上がりません。
目標を見据えて建てた強固な意志が小論文や面接にも生かすことができます。そして徹底した志望校対策を行います。
過去問などの入試問題を徹底的に分析しその対応力の向上を図ります。この時に限られた傾向だけに目を奪われずに柔軟に問題を読み解く実力をつけることが重要となります。
苦手科目をなくし一般的に苦手が多いといわれている数学や英語の弱点を克服しましょう。
特に英語は大きな失点につながってしまい他の科目での挽回が難しくなります。医学部受験は長丁場なのでメリハリのついた受験生活を送ることを心がけましょう。
模試などを積極的に利用し、健康管理に気を付けて受験時はベストな体調で挑むようにしましょう。
また、合格のためには家族の理解や協力も不可欠ですので家族の応援も味方にし大きな力をつけて医学部の受験に合格していきましょう。