医学部受験マップ

新着情報

◎2017/7/25

入学時にかかる学費
の情報を更新しました。

◎2017/5/15

医学部は30代はやっぱり不利?
の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部思考が強くなっているのはなぜか
の情報を更新しました。

「医学部 学士」
に関連するツイート
Twitter

学士編入学って手もある。 医学部の年齢差別は、京大と私立御三家がよく話題になってたけど、どうなんだろう。

RT @mozarbachj: 深夜の変なテンションで作りました。 偉そうにごめんなさい。 「医学部学士編入をすすめるペニーワイズ」 pic.twitter.com/HL7Y80J9cH

主人が医学部行きたいって言い出した😂国立学士入学で行けるならいいけど全然生活が落ち着かない😂 誰か詳しい人いたら教えてください😂😂😂 #医師 #医学部学士入学 #ジェネラリストを目指すらしい #勉強夫婦

Twitter看護学生@勉強垢(•'-'•)@ES9dpG714LklwTF

返信 リツイート 昨日 18:40

RT @pair_glasses: 医者の選抜をするのに18歳では早過ぎて不適切だと医科大学が言っているわけでしょう。医学部の入試は受験資格を学士以上にするとかしたらどうですか。

RT @pair_glasses: 医者の選抜をするのに18歳では早過ぎて不適切だと医科大学が言っているわけでしょう。医学部の入試は受験資格を学士以上にするとかしたらどうですか。

RT @pair_glasses: 医者の選抜をするのに18歳では早過ぎて不適切だと医科大学が言っているわけでしょう。医学部の入試は受験資格を学士以上にするとかしたらどうですか。

返信先:@sato__michiko 医学部受験は模擬試験の結果通りには行かないって、予備校の先生が公言して憚らない時代を、ここで終わらせたいですね。知り合いのお嬢さんが受かった大学は、間違いなく公平な入試だったと思います。三浪の再受験と学士入試で24歳と22歳でしたから。卒業試験も国家試験も専門医試験も最短でした。

【問題ある国公立大学医学部一覧】 ・京府医:暴力団と結託 ・群馬大:年齢差別、腹腔鏡で何度も患者を死亡させる ・神戸大学:出身地差別 ・福井大学:学士編入で入試問題使い回し、京大アメフト部強姦魔を入学許可し医師にする ・千葉大学:集団強姦 #医学部

ハンガリー医学部が人気らしく、予備コース1年、本科6年で学費生活費で2000万円か、と思ったけど、地方国立大学に学士編入5年間でも生活費考えたら、もう少し安いくらいはかかるか。

RT @pair_glasses: 医者の選抜をするのに18歳では早過ぎて不適切だと医科大学が言っているわけでしょう。医学部の入試は受験資格を学士以上にするとかしたらどうですか。

医学部編入試験に合格するまで

医学部編入試験に合格するまで 医学部編入入試に合格するというのは本当に難しいことです。
一度、大学受験に合格しているからといって甘く見ていてはいけません。
まず、どこの大学でも編入生を取るのは多くて2、3人です。
その中に入らなければなりませんから並大抵の努力では足りないでしょう。
現在、通っている大学で全ての単位を修得しなければならないなどと条件を課している大学も少なくありません。
大学の勉強をしっかりと行いつつ、かつ編入試験の勉強も手を抜くことができないという本当に大変な1年間になるでしょう。
また面接対策も行わなければならないでしょう。
最初から医学部に入るときよりも面接は厳しいものになりがちです。
生物の専門的な知識を問われることもあります。
生物系の学部に元々通っているならば基礎知識などは頭に入っているということならば大丈夫ですが、きちんと対策していくのが良いでしょう。
編入試験の合格を勝ち取るのは本当に大変ですが、頑張りましょう。

医学部の再受験と学士編入試験、どちらが合格しやすいの?

大学を卒業した既卒社会人が医学部を目指す場合には、一年次から入り直す再受験と二年次や三年次に編入する学士編入という方法があります。
どちらが合格しやすいのかという比較は、やはり一概には結論付けるのは難しいです。
しかし、大卒や、学校によっては大学在学者だからこそ挑戦できるという点では、現役生と戦わなくて済むメリットは大きいです。
しかも選抜方法は、書類審査や面接であったり、小論文や討論、または英語やTOEIC、生命科学といったように、比較的チャレンジしやすい試験科目を課す医学部がほとんどです。
一方で、再受験の場合は、現役生と同じ試験科目で受験するので、勉強のブランクが長い再受験生には不利です。
ただ、学士編入試験はそもそも実施している大学自体が少ない上に、募集定員も少ないというデメリットがありますから、一長一短ではあるわけです。
ですから、自分の学力や得意分野、経歴や社会経験などの強みを活かせる受験方法を選択するのが一番ということは間違いないでしょう。