医学部受験マップ

新着情報

◎2017/7/25

入学時にかかる学費
の情報を更新しました。

◎2017/5/15

医学部は30代はやっぱり不利?
の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部思考が強くなっているのはなぜか
の情報を更新しました。

「医学部 学費」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@nikkei 今さら? 倍率高い医学部だから言われているが、Fランじゃ学費払ってくれるお得意様www

Twitter桔梗屋丙助@逆神@hinoe1718

返信 リツイート 1:17

私立医学部の一連の問題でジェンダーの問題や教育機関としての大学の意義について様々な議論を呼んでるけど日大医学部はただただ「おともだち」の子供を合格させてただけなのダサすぎてウケる。ダサすぎてちょっと可愛さすら感じる。学費返せ。

私立医学部学費3000万超える時点で一般家庭は受けることすら出来ないわけで そもそもの存在から差別的なんだよって国立出た医者が熱弁してた

日大医学部、OB親族を優遇 不適切入試3年間で18人 ってのを見ると・・・ もう逆に判定を資格試験に丸投げで 学費総額2億円払えるかた誰でも合格!って医学部作ったらって思うんだけど そういうのは法律的にダメなの?

貧乏人としては、学費ウン千万の関東圏私立医大への学費を出せる家庭に生まれて、それでも田舎の国立医学部は嫌だと抜かすような金持ち子女のワガママに付き合うお人好しがこんなに多いのかね、と冷めきった目で見てます(

医学部受験するのは自由だけど 私大医学部学費支払えるぐらいの御家庭じゃないと、私大は困るのよね。我が家は何校受験しても余裕よ!ぐらいのレベルじゃないと お後大変。

RT @tomtom_tom3: 私立医学部のフィルタリングは、まず「学費ウン千万」のフィルタリングの後に男女のフィルタリングがあるんで、第一関門を突破できない層には問題が響かないのよ。男女以前に金なのよ、金

RT @kiya__na: 言うて学費3000万払える時点で男だろうが女だろうが私大医学部志望者は圧倒的勝ち組なのでは…「ハードル」を問題視するなら優先順位が違うのでは… twitter.com/domoboku/statu…

問題になっている私大医学部学費の時点で限られた富裕層向けのものでしかないし、家事育児が嫌だというのもそもそも「普通に恋愛・結婚できる」という時点で我々非モテからすれば「持てる者たちの悩み」にしか見えないんですよね。なんかいろいろズレてるんですよ。

医者もきちんと平等な選抜を行われる必要があり、それが医療の質の向上につながると思う。皆保険である以上、私学医学部学費は国立・公立と同等に抑えなくては。

医学部の入学時にかかる学費とは

医学部の入学時にかかる学費とは 医学部に入学する際に必要な学費は国公立大学と私立大学では大きく異なります。
国立大学では医学部でもそれ以外の学部でも、納める費用は変わりません。
ただし、実習や設備費などで10万から20万円程度は必要になることもあります。
おおむね、入学初年度には80万円程度が必要です。
公立大学はそれぞれの自治体がその金額を決めており大学ごとに差がありますが、国立大学とそれほど大きな差はないことがほとんどです。
ただ、保護者がその自治体の住民かそうでないかで納入金額に差をつけているところもあるので注意が必要です。
一方私立大学は、各段に高額になります。
入学金や授業料など初年度に納入する金額が1千万円を超える大学もあります。
比較的、初年度納入金額が安い私立大学でも300万円から400万円程度、さらに寄付金を別に求められることもあるため、実際はもう少し高額となることもあります。
このように、特に私立大学の医学部は非常にお金が必要で、かなりの経済力が必要です。

医学部の卒業までにかかる学費とは

10年前と比べると、医学部の卒業までの6年間に必要な学費を下げる大学が増えています。
特に私立医大では、2008年に東京の私立医学部で値下げしたのを皮切りに値下げが相次いでいます。
2017年度の学納金を一番多く下げたところは、10年前と比較すると1170万円もの減額になっています。
10年前と比べると、私立の平均値下げ額は263万円です。
それでも医学部はまだまだ他の学部と比べると、学費は高いです。
私立の医学部の場合は、6年間で平均3189万円も必要になります。
一番安い私立は1850万円、一番高い私立は4550万円です。
分譲マンションが買える値段です。
私立医大の偏差値は、学費と反比例している傾向があります。
偏差値が高いところほど学費は安い傾向があります。
国立大学の場合は、6年間の総額費は約350万円です。
奨学金や特待生制度、教育ローンなどを使って工面した人も少なくありません。
卒業後も毎月5万円ほどを20年にわたって返済した人もいます。
大学によっては、成績上位者には月額16万円累計1152万円の奨学金が出る大学や(最長20年で返済)、1880万円が給付されて返済は不要の特待生制度を設けている大学もあります。